オーナーの部屋

Windows の部屋

Windows 11

Windows 10

Win10を活用しよう

TabletをSub-Displayに

古いPCを快適に

マウス君を SSD に換装

クリーンインストール

Windows.iso 入手

Win10 アップデート

Windows 8,7,XP

Linux の部屋

WindowsFx を味見

古いPCにLinuxを

CentOS インストール

VineLinux インストール

PCの遍歴

徒然なるままに・・

2021.10 記

Win10をもっと活用しよう

Windows 11 が発表され、Windows 10 からのアップデートも可能な環境となりました。
しかし、我が家のPC君たちはアップデート対象外でしたので、当分は、Windowsws 10 を使い倒して行かなければなりません。
そこで、もっと活用しようと Windows 10 の基本環境でできることを記することにしました。皆様のお役に立てれば幸いです。

ネタは Youtube からがほとんどですが、小生がこれは便利と思った項目です。
以下の項目ですが、これからも増えていくことを自ら期待しています。(項目は順不同)

< 項目 >

01. 手書きの文書をテキスト化する。

手書きの文書をキーボードからテキスト化するのはとてもつらいです。
画像化することでテキスト化でき、コピペで利用できます。(OCR機能)

02.ブラウザで CPU の性能を数値化する。

CPU 選択の機会に簡単に数値化でき比較できます。

03.ブラウザで PC の性能を数値化する。

CPU-Z や ゲームを使った PC の性能を比較する場合が多いですが、ブラウザを使って性能を比較できます。

04.ショートカット・キーで作業の効率化を。

ご存じ、ショートカット・キーをまとめてみました。

05.インターネットの速度測定と、通信データ量の把握。

通信速度の測定とデータ使用量の把握です。

< 01.手書きの文書をテキスト化する。>

手書きの文書、活字の文書、画面キャプチャの画像内の文章をキーボード入力し、テキスト化するのはとてもつらいですね。
これらをスキャナで画像ファイル化し、Google の「ドライブ」(クラウド ストレージ - Google ドライブ)でテキスト化してくれますので、コピペして利用できます。
手書きの変換精度は試していませんので何とも言えませんが、活字文書はほぼ100%で変換してくれます。
これには、Google「ドライブ」にアクセスできる必要があります。

1.画像ファイルを作ります。

スキャナでも画面のキャプチャでも構いません。画像ファイルを作ります。
ファイル形式は何でも良いと思います。( .jpg , .png , .bmp ではできました。)

2.(Google)ドライブに転送する。

Google の初期画面の右上にある、「9つの丸点のアイコン」をクリックし、開いたメニューアイコンから「ドライブ」をクリックします。

ドライブ(マイドライブ)が開きます。
右ペインの [マイドライブ] をクリックするとメニューが開きますので、「ファイルをアップロードする」などの適切な動作を指定し、画像ファイルをマイドライブにアップロードします。

例として、小生ホームページのホーム画面を文書化してみましょう。
ホーム画面をキャプチャしてマイドライブにアップロードしました。( 02_GoogleDrive-4.jpg です)

2.Google さんが変換してくれます。

アップロードした画像ファイルを右クリックするとメニューが開き、 [アプリで開く] → [Googleドキュメント] と選択します。Googleさんが少し考えた後、変換してくれます。

左メニューや段落としの一覧など、現本通りとはいきませんが、画像からテキストに変換されます。
必要な範囲をドラッグしてコピーし、別なファイルにペーストできます。

ページ先頭へ

- Copyright (C) 2021. D71030 -