某お菓子メーカーの「○○○○の里」に似てますが、当サイトのシンボルです。 Bamboo

オーナーの部屋

Windows の部屋

Win10 インストール

Win8.1 アップデート

Win7 基本スコア

WinXPインストール

Linux の部屋

古いPCにLinuxを

CentOS インストール

VineLinux インストール

PCの遍歴

徒然なるままに・・

光学ドライブ無しで、WinXPをインストール

Win2000 で購入した初めてのノートPC FUJITSU FMV-612MG3 は、それこそ "本体" で、オプションである、光学ドライブ(CD・DVD)/フロッピードライブ(FDD)もなく、さらに、時代なのか、Bootは、HDD/光学ドライブ/FDD からしかできません。
Win2000でしたので、埃をかぶった状態でお休みしていました。
PCのスペックは、CPU:Celeron 1.2GHz、メモリ:256MB(Max 768MBにはしました)、HDD:20GB)で、これに、何とか、WinXP を入れて、最後のご奉公をと思い立った訳けです。
(いつものことで、意味もなくやってみようと思い立っただけなのです。)

これまたいつものことで、どうすればをググります。
ググリ、ググリ、手法は2、3ありましたが、一番簡単で道具がそろっている手法を選択しました。
それは、http://blog.livedoor.jp/hetugi_hara さんのブログでした。
(またまた、無断で紹介させていただきました。)

インストール前準備(2.5インチHDDの設定)

1)

ノートPCからハードディスクを取り外す

(本機のHDDは、当然、IDE接続ですので、Master/Slave のピン設定も確認しておきました。)

2)

作業用デスクトップPC(この種の記事では「母艦」と言うそうです)に、
「3.5HDD⇒2.5HDD IDE変換コネクタ」で接続します。
(SATA用の「3.5HDD⇒2.5HDD 変換コネクタ」もあるそうです)

3)

接続した 2.5HDD を次の構成でフォーマット

フォーマットには、手持ちの Win98se 起動ディスク を使用し、FDISK → FORMAT(FAT32)を実施します。

4)

母艦に 3.5HDD を接続し直し構成を以下にする

C: 母艦の3.5HDD

(SATA 3.5HDD/WinXP)

D: 2.5HDD

(IDE Primary-Slave パーティション1)

E: 2.5HDD

(IDE Primary-Slave パーティション2)

F: 母艦のDVD

(IDE Primary-Master)

5)

母艦で 2.5HDD を NTFS でフォーマットする

母艦(WinXP)の「コントールパネル」-「管理ツール」-「ディスクの管理」で、2.5HDDの D:(仮のWinXP領域)、E:(作業領域) の2つのドライブをNFTSでフォーマットします

6)

母艦の「コマンドプロンプト」で、2.5HDDの E:(作業領域)に、WinXPインストールディスクの \i386 フォルダをコピーする

>xcopy f:\i386 e:\i386\ /e    (WinXP CDのi386フォルダを2.5HDD E: にコピー)

7)

"noreboot" の実行

a)

母艦の「コマンドプロンプト」で、E:\i386 に移動し、以下のコマンドを実行する

>cd e:\i386

>winnt32 /noreboot /makelocalsource /tempdrive:E: /syspart:D:

b)

そうすると、WinXP のインストール画面が表示されるので、「新規インストール(詳細設定)」を選択する

c)

プロダクトキーの入力を求められるので入力する

d)

次に、「セットアップオプション」画面を表示するので「詳細オプション」を指定する

「詳細オプション」画面では、以下を指定し、

・インストールファイルのコピー元フォルダ(C):  e:\386
・ハードディスク上のインストールフォルダ(T):  \WINDOWS

また、以下の2つにチェックを入れ、[OK] をクリックする
 ・「セットアップファイルを全てCDからコピーする」
 ・「セットアップ中にインストールドライブ文字とパーティションを選択する」

e)

「更新されたセットアップファイルの取得」画面では、「はい」/「いいえ」どちらでも良いので選択し、[次へ]をクリックする

f)

ファイルのコピーが進み、しばらくすると画面が消え、コマンドプロンプトが入力待ちになればファイルコピーが完了です。コマンドプロンプトを終了します

g)

d: ドライブの以下のファイルを削除する

D:\$Win_nt$.~bt\Migrate.inf

イクスプローラの [ツール]-[フォルダオプション]-「表示」タブの「登録されている拡張子は表示しない」のチェックは外さないと表示されない

これで、2.5HDDに対する作業は完了です

ノートPC WinXP のインストール

ノートPCに、2.5HDDを戻し、電源投入で、WinXPのインストールが始まります。
WinXP のインストール手順については割愛します。
手順の中で、2.5HDD の全域を C:\ にしても良し、パーティションを設定しても良しでご随意に。

こうして、とろい君ではありますが、寒い季節お炬燵でのぬくぬく使用に応えてくれたのでした。
もうすぐサポート切れになりますので、次は、Linux で復活かな?

ページ先頭へ

- Copyright (C) 2013. D71030 -