オーナーの部屋

Windows の部屋

Windows 10

Windows 8,7,XP

Linux の部屋

古いPCにLinuxを

CentOS インストール

VineLinux インストール

PCの遍歴

PCの遍歴-13

 - 地デジチューナーを試す -

PCの遍歴-12

 - CentOSサーバー死亡・復旧 -

PCの遍歴-11

 - Mouse君が来たがおかしい -

PCの遍歴-10

 - Display がおかしい -

PCの遍歴-9

 - (中華) タブレットと遊ぶ -

PCの遍歴-8

 - HDD RAW形式からの復旧 -

PCの遍歴-7

 - CMOS Checksum Bad -

PCの遍歴-6

 - EP-802A 復活 -

PCの遍歴-5

 - CentOS サーバー再生 -

PCの遍歴-4

 - 田舎での暮し -

PCの遍歴-3

 - HARD-OFF が近くに来た -

PCの遍歴-2

 - チャンドラ君との出会い -

PCの遍歴-1

 - よくまあ次々と作ったなぁ -

徒然なるままに・・

PCの遍歴-7

- CMOS Checksum Bad エラー -

予備機の Win10 PC が毎回立ち上げ時に

CMOS Checksum Bad
CMOS Date/Time Not Set
Press F1 to Run Setup
Press F2 to load default values and continue

と表示されるようになりました。
おや??
CMOS電池(CR2032) はまだ大丈夫の筈だが・・・
CMOS電池を交換してみてもダメ。
やや!!なんだこれは。

ググってみると、メモリの接触不良が原因で「メモリを抜き差しすると治った」との記事があり、
早速、試してみるも、メモリ2枚刺しですが、刺し直しても、入れ替えても、1枚づつ刺してもダメ。

諦めてマザーボードの入れ替えを行うことにした。

その前に、不良のマザーボードの電池ソケットをテスターで確認した。
・+、- の端子とマザーボード端子の導通はOK。
・電池を入れ、電圧確認はNG。
意味不明に陥る。(^_^;)
マザーボードがお亡くなりになったと自分に言い聞かせて諦めることにした。

P5KC マザーボード

電池ソケット

電池ソケットの端子
(上部の丸と四角)

さて、手持ちのマザーボードだが、同じ LGA775ボードで、CPU だけを載せ換えて動くと勝手に判断。
(お亡くなりになった P5KC は ASUS製、手持ちの G41M combo は、GIGA BYTE製)
くそイモの CPUクーラーの取り外しに手間取ったものの、CPU載せ換えを完了。
組立てを完了して、電源ON。見事に復旧しました。

CMOS電池での初めてのケースなので記録しておきました。

ページ先頭へ

- Copyright (C) 2016. D71030 -