某お菓子メーカーの「○○○○の里」に似てますが、当サイトのシンボルです。 Bamboo

オーナーの部屋

Windows の部屋

Win10 インストール

Win8.1 アップデート

Win7 基本スコア

WinXPインストール

Linux の部屋

古いPCにLinuxを

CentOS インストール

VineLinux インストール

VineLinux ?

VineLinux-1

 - 前書き -

VineLinux-2

 - DownLoad -

VineLinux-3

 - Install -

VineLinux-4

 - Sambaの設定 -

VineLinux-5

 - Apache2の設定 -

PCの遍歴

徒然なるままに・・

Vine Linux ?

※ 本稿は、2012年当時の情報です。

Windows PC はある程度判って来たところで、会社で使っているサーバーなるものに興味を感じてきました。
しかしながら、サーバーについてはまったく判らない状況だったのです。
そこで、空きの PC もあることだし、サーバーを作ってみようとなった次第です。
また、当時、Linux が話題になり、各社がソリューションとして取り組んでいたのです。

さて、Linuxサーバーを組むとしてどれを選ぶのかが、第一の問題でした。
無償のものとし、英語はちょっと難なので、選んだのが、日本語化が一番されている「Vine Linux」を選択したのです。

次に、サーバーとして何をするか。それが第二の問題です。
ドメインを取得してまでサーバー公開するつもりはなく、家庭内LAN で使えることが目的です。

・HTTPサーバー

・・ 退職前の会社でホームページ関連を担当していたので技術が活用できれば。

・FTPサーバー

・・ HTTPサーバーへの FTP を行う。

・ファイルサーバー

・・ 家庭内LAN でファイルの共有を実現する。(これが目的)

・メールサーバー

・・ これは不要

という内容でトライを開始しました。

Vine Linux 自体のインストールは難なくできました。
まずは、クライアントとしてどんなものか味見です。なるほど。なるほど。と、Windows との違いを確認。
「ビルドして」なんかは出来ません。(いまでも (~_~;) )RPM がちょこっと位。ビギナーの域を出ていません。

様子がわかってきたことで、HTTPサーバーから取り組みましたが、ググッて情報を集めるも、皆さんその道のプロらしく、書かれている内容がチンプンカンプン ((+_+))。
「こりゃダメだ。言葉が通じるまで勉強しなきゃ」で、サーバーに触れることなく暫しお休み。
Vine Linux v4 時代でした。

時はながれ、少しづつ知識も増え(?)、v5 の時代へ。ここでもあまり進展なし。

Vine Linux v6 になって、どうにか諸氏の Web 上の言葉も通じるようになり、ググりながら再チャレンジを始めました。
何とかサーバーらしいものが出来ました。

設定した内容は次のページにて。

[VineLinux-1→]

ページ先頭へ

- Copyright (C) 2013. D71030 -