某お菓子メーカーの「○○○○の里」に似てますが、当サイトのシンボルです。 Bamboo

オーナーの部屋

Windows の部屋

Win10 インストール

Win8.1 アップデート

Win7 基本スコア

WinXPインストール

Linux の部屋

古いPCにLinuxを

CentOS インストール

VineLinux インストール

VineLinux ?

VineLinux-1

 - 前書き -

VineLinux-2

 - DownLoad -

VineLinux-3

 - Install -

VineLinux-4

 - Sambaの設定 -

VineLinux-5

 - Apache2の設定 -

PCの遍歴

徒然なるままに・・

Vine Linux v6 (その2)

※ 本稿は、2012年当時の情報です。

Vine Linux v6 のダウンロード

まずは、Vine Linux の isoイメージを オフィシャルサイトからダウンロードします。
ダウンロードファイルまで意外と行き着けないので追って説明します。
当然、DVD に焼きますので DVD の焼けるマシンでダウンロードしましょう。

1.

Vine Linux オフィシャルサイトを開きます。
上部の[ダウンロード]タブ、または、「ダウンロード」バナーをクリックします。

2.

今回は、ダウンロードサイトとして、「セカンダリサーバ」の先頭にある「北陸先端科学技術大学院大学」で説明します。
>> http://ftp.jaist.ac..jp/Linux/Vine/ をクリックします。

3.

各バージョンのリンクを表示したページとなりますので、下のほうの「Vine-6.0/」をクリックします。

4.

Vine-6.0 のイメージ種別のページになりますので、先頭の「IMAGES」をクリックします。

5.

Vine-6.0 のイメージ種別の機種別のページになりますので、中程のの「Vine60-DVD-i686.iso」をクリックします。

<< i686 ? >>  :某サイトでの情報
 i386 i386およびその互換CPU
 i486 i486およびその互換CPU
 i586 Pentium、MMX Pentiumおよびその互換CPU
 i686 Pentium Pro/II/III/IV、Celeronなど
    (今時、殆どは「i686」でしょう。)

6.

「ファイルのダウンロード」画面になりますので、[保存]をクリックします。

7.

ダウンロード先の指定画面(名前をつけて保存)になりますので、判りやすい「デスクトップ」などを指定して[保存]をクリックします。

8.

ダウンロードが開始されます。終るまで待ちます。

9.

ダウンロードが完了し、指定した場所(デスクトップの例)にアイコンが作成されました。

10.

次に、DVD-R または、DVD-RW に焼きます。
お持ちのバーニングソフトでも良いですし、Windows XP 以降ならば Windows 自身で焼くことが出来ます。
ここでは、Windows 7 での処理を紹介します。
ダウンロードしたアイコンを右クリックし、ダウンリストから「送る」→ 「DVD RW] ドライブ (D:)」(小生の実行機の場合)をクリックします。

11.

「ディスクに書き込む」(ディスクを挿入してください)画面になりますので、DVD-R または、DVD-RW をセットします。
ディスクのチェックが終り次第、書き込みが始まります。
「書き込みが終了しました。」で、Vine Linux v6.0 の isoイメージ ディスクの完成です。

[←VineLinux-1]

[VineLinux-3→]

ページ先頭へ

- Copyright (C) 2013. D71030 -