某お菓子メーカーの「○○○○の里」に似てますが、当サイトのシンボルです。 Bamboo

オーナーの部屋

Windows の部屋

Win10 インストール

Win8.1 アップデート

Win7 基本スコア

WinXPインストール

Linux の部屋

古いPCにLinuxを

Wibiで Ubuntu

Puppy Linux -1

 - Install -

Puppy Linux -2

 - Puppy Linux 紹介 -

Puppy Linux -3

 - カスタマイズ -

CentOS インストール

VineLinux インストール

PCの遍歴

徒然なるままに・・

古いPCにLinuxをインストール

"Wubi"で Ubuntu をインストール

Windows XP がサポート切れになりました。
こちら(光学ドライブ無しで、WinXPをインストール)で紹介した、 むりくり Win XP を入れた FUJITSU のノートPC(FMV-612MG3:CDなし,USB/PKE Boot不可)に何とか Linux を入れ、さらに延命と思った次第です。
ま、延命(PC使用)が目的ではなく、何とかしてインストールして見ようが一番の狙いではありますが・・・・

1.

インストール手法

『クライアントには Ubuntu 』を信じており、Ubuntu のインストールをググリました。
インストール CD/DVD からBoot、USBメモリから Boot の情報は一杯ありますが、 それらからの Boot ができない 612MG3くんへの情報をさらにググリますと、あるものですネ。
  (1) Linux の母艦を使用してインストールする
  (2) Windows にデュアルブートで、Puppy Linux をインストールする
  (3) Windows にデュアルブートで、Ubuntu をインストールする
Ubuntu のクリーンインストールをしたかったのですが、(1) の方法は難しそうだし、 老体の CentOS サーバを使いたくなかったので、 (3) の手法「Windows にデュアルブートで、Ubuntu をインストールする」に決定。

2.

インストール手順

上記 (3) の手法は、" Wubi " という .exe形式のインストーラで、Windows 上で、Ubuntu をインストールするものです。
ただし、インストールできるのは、Ubuntu 12.04 LTS に限定されるそうです。
インストール作業が簡単なうえ、Ubuntu 自体も入門者にやさしい作りになっているので、 少しだけ Linux を体感してみたいというユーザーにもお勧め。とのこと。

<参考:"Wubi" について>

・ 

Linux ディストリビューションの1つ「Ubuntu」を、Windows(98/2000/XP/Vistaに対応)上から 簡単にインストールできるフリーソフトで、同ソフトの Web サイトからダウンロードできる。

・ 

Ubuntu を Windows のファイルシステム上にインストールする仕組みなので、パーティションの 切り分けやフォーマットを行う必要がなく、既存の環境にほとんど影響を与えない。 また、自動でデュアルブート環境が構築され、現在利用しているWindows環境と併用できる。

・ 

インストールはウィザード形式で、基本的には最初の画面でユーザー名とパスワードを入力するだけでよい。
ここで設定したユーザー名とパスワードは、Ubuntu のログイン時に必要となるので忘れないように。
あとは、自動でインストールファイルがダウンロードされ、インストールが行われる。

・ 

インストールが完了すると、次回の PC 起動時から OS の選択メニューが現れ、Ubuntu を選択可能になる。
Ubuntu の初回起動時はインストール作業の続きが自動に行われる。

・ 

インストールされた Ubuntu (日本語化されている)は、すぐに使い始めることができる。
不要になったらWindows上の「アプリケーションの追加と削除」からと、 "Wibi" にアンインストール機能を有しており簡単にアンインストールすることもできる。

・ 

なお、Windows 上にインストールされる都合上、ハイバネーションはサポートしていない。
また、Windows ファイルシステムのフラグメンテーションが進むと Ubuntu のパフォーマンスが 低下する欠点もある。

1)

Wibi のダウンロード

a)

こちら(http://www.ubuntu.com/download/desktop/windows-installer)のリンクを開いて、 「Windows installer for Ubuntu Desktop」のところの [Get the installer] ボタンをクリックします。

b)

「Show Ubuntu some love」のページが表示されるので、寄付をしたい方は金額を入力します。
すべてのスライドバーを最左に動かすか、0 を入力すると [Pay with PayPal] ボタンが [Download] ボタンに変わり、クリックすると wubi.exe のダウンロードが始まります。

c)

ダウンロードでは、適切な保存場所を指定します。
小生は、C:\ としました。

2)

Wibi の起動

a)

wubi.exe を起動

このまま、Wibi.exe を起動すると、Ubuntu 64bit版のダウンロードとインストールとなりますので、 Ubuntu 32bit版とするために、コマンドプロンプトから、下記のコマンドを実行します。

>C:\wubi.exe --32bit

起動時にセキュリティに関する警告を出してきたら、続けるを選択します。

b)

実行情報の選択

以下の画面が表示されます。

・ 

インストールドライブ

Ubuntu インストール先のドライブを選択します。
これはHDDをフォーマットするわけではなく、Ubuntu 用の HDD イメージの作成先の選択です。

・ 

インストールサイズ

HDDイメージの容量です。
多ければ多いほど、後からアプリのインストールなど余裕ができます。

・ 

デスクトップ環境

デスクトップ環境です。ここでは、Ubuntuを選択します。

・ 

言語

インストールする言語を選択します。Japanese を選択します。

・ 

ユーザー名/パスワード

Ubuntu 用のアカウント情報を入力します。
Windows でもインストール時にアカウントを作成しますが、それと同じ感覚です。
Ubuntu のログイン時に必要となるので忘れないようにしてください。

3)

Ubuntu ダウンロードとインストール

a)

準備ができたら[インストール]をクリックします。
Ubuntu(32bit版)のダウンロードとインストールが始まります。
インストール完了までもう少しです。

b)

インストール完了です。
「すぐに再起動」のラジオボタンを選択して[完了]をクリックします。

ちなみに、FMV-612MG3 くん、無線LAN経由で、約3.5時間掛かりました。嘘みたい。

4)

再起動と Ubuntu へログイン

a)

再起動すると、以下のように起動する OS の選択肢が表示されますので、「ubuntu」を選択して [Enter] を押します。

b)

起動モード選択メニュー画面を表示。このまま待ちますと直ぐに c)項の初期設定画面になります。

Ubuntu, with Linux 3.11.0-15-generic

Ubuntu, with Linux 3.11.0-15-generic (recovery modo)

Microsofut Windows XP Home Edition (on /dev/sda1)

c)

初期設定処理が行われます。

d)

正常ならば右写真の、「Ubuntuログイン画面」を表示します。
しかし、小生の場合、下の写真のとおりで、何時まで経っても(30分位待ちましたが)変化しません。

5)

どうして?

a)

電源を強制切断して再度、電源投入しました。すると、一瞬、メッセージを表示しているようです。

      Try (hd0,0): NTFS5: xxxxxxxxxxxxxxxxxx
            ↑メッセージの消去速く読めません。

b)

エラーメッセージを分かる範囲でググルと、やはり、同じ人が居て、エラーメッセージは、

Try (hd0,0):NTFS5:error"Prefix" is not set

原因は判らず、対処は「とりあえず、Windows で chkdsk をしてみてください。 HDD内のエラーがなくなればOKでしょう。」とのこと。参考URLには、

https://answers.launchpad.net/wubi/+question/171739

↑英語サイトちんぷんかんぷん

http://ubuntu-with-wubi.blogspot.jp/201 … tdisk.html

↑英語サイト Chkdisk しろな感じ

c)

それではと、Win XP を立ち上げて、chkdsk を実施。

6)

インストール続行

a)

再度、Ubuntu を起動。先程のエラーメッセージの表示はありません。ヨッシャー!
ところが、Initial RAM Disk メッセージと、画面中央から「楕円の雲?」が画面一杯に広がっていき、ブルー画面となり、
・・・マウスポインタも居ない。
お風呂に行ってしまいました。約30分後。ログイン画面を表示しています。
パスワードを入力して、Ubuntu デスクトップ画面を表示します。重い。

b)

「アップデート情報」「不完全な言語サポート」ダイアログを表示。
日本語ランゲージパックのインストールするか尋ねられるのでインストールしてシステム全体に 適用するボタンをクリックすると、UI が日本語になります。

c)

無事、インストール完了です。

7)

味見

とにかく『重い。』
ネット上に記事には、
「ちなみに、使用している PC は Pentium(R) Dual-Core CPU E5200 @ 2.50GHz / メモリ 2GB です。
共存している Windows XP よりは動作は遅い感じがしますが十分使えます。」とのことですが、
流石、Celeron 1.2GHz の FMV-612MG3 くんでは重荷でしょうか。実用レベルではありません。
(デュアルブートの Win XP は『まったり』の感覚でしたが・・・・)
チャレンジとしては成功だったでしょうか?

次は、軽いと記されていた「Puppy Linux」にチャレンジしましょう。

[PuppyLinux-1→]

ページ先頭へ

- Copyright (C) 2013,2014. D71030 -