某お菓子メーカーの「○○○○の里」に似てますが、当サイトのシンボルです。 Bamboo

オーナーの部屋

Windows の部屋

Win10 インストール

Win8.1 アップデート

Win7 基本スコア

WinXPインストール

Linux の部屋

古いPCにLinuxを

CentOS インストール

CentOS ?

CentOS-1

 - DownLoad -

CentOS-2

 - Install-1 -

CentOS-3

 - パーティション設定 -

CentOS-4

 - Install-2 -

CentOS-5

 - パッケージグループ -

CentOS-6

 - 基本設定 -

CentOS-7

 - ntpdの構築 -

CentOS-8

 - sambaの設定 -

CentOS-9

 - apacheの設定 -

CentOS-10

 - プリンタサーバの設定 -

VineLinux インストール

PCの遍歴

徒然なるままに・・

CentOS (その1)

インストールDVDの作成

通信速度が速くて安定している「独立行政法人・理化学研究所」の HTTP サイトがお勧めとのことで、 http://ftp.riken.go.jp/ を訪れます。

1.

http://ftp.riken.go.jp/
英文でこまごまとしていますが、Linux archives (/Linux) の中から、
・ CentOS をクリックします。

2.

CentOS の各バージョンの選択となります。
当時の最終バージョンの 5.8 は、Dual Core CPU のサポートなどでしたので、バージョン 5.7 を選択しました。

3.

CentOS 5.7 のソフトウェア群で "isos/" を選択してからの、i386(32bit) と i386_64(64bit)の選択画面です。本機は 32bit ですので、i386 をクリックします。

4.

やっと iso ファイルまで来ました。
デスクトップ等の判りやすい場所にフォルダを作って、次のファイルをダウンロードします。
 (1) CentOS-5.7-i386-bin-DVD-1of2.iso (3.4GB)
 (2) CentOS-5.7-i386-bin-DVD-2of2.iso (642MB)
 (3) md5sum.txt (703B):正しくダウンロードしたかのチェック用

5.

正しくダウンロードしたかのチェックするための、wmd5sum.lzh (wMD5sum 1.4.1) [2012.04時点]を Vector からダウンロードします。

wmd5sum.lzh を適当な場所に解凍します。

== ここからは、iso ファイルをチェックする、wMD5sum の手順です。==

(1)

解凍した、"wMD5sum.exe" を起動し、[読込]をクリックします。
フォルダ選択のダイアログが開くので、ファイルの種類を「 All Files(*.*) 」にして、ダウンロードした "md5sum.txt" を指定し、[開く] をクリックします。

(2)

チェック対象の ISO イメージファイルを表示するので、[開始] をクリックします。


チェックを開始します。

(3)

チェック結果が右の [MD5状態] 欄に表示されます。(約1分)
"OK" ならばダウンロードは OK です。
"NG" ならば再度ダウンロードして、再度チェックします。

6.

ダウンロードが正しければ、2つの iso ファイルを DVD-R に焼きましょう。

[←CentOS?]

[CentOS-2→]

ページ先頭へ

- Copyright (C) 2013. D71030 -